本文へスキップ

メタボの基準

メタボの基準

肥満予防健康管理士講座HEADLINE

メタボリック予防

メタボの基準


メタボリックシンドロームの診断基準 内臓脂肪の蓄積
腹囲(へそ周り) 男性 85cm以上
女性 90cm以上
(男女ともに、腹部CT検査の内臓脂肪面積が100cm2以上に相当)

内臓脂肪の蓄積をチェックします。肥満の判定によく用いられるBMI(体格指数)ではなく、腹囲で判定します。

内臓脂肪の蓄積に加えて、下記の2つ以上の項目があてはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

脂質異常
中性脂肪 150mg/dL以上
HDLコレステロール 40mg/dL未満
のいずれかまたは両方

メタボリックシンドロームでは、過剰な中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少が問題となります。

高血圧
最高(収縮期)血圧 130mmHg以上
最低(拡張期)血圧 85mmHg以上
のいずれかまたは両方

高血圧症と診断される
「最高(収縮期)血圧140mmHg以上/最低(拡張期)血圧90mmHg以上」
より低めの数値がメタボリックシンドロームの診断基準となっています。

高血糖
空腹時血糖値 110mg/dL以上

糖尿病と診断される「空腹時血糖値126mg/dL以上」より低めの数値で、
「境界型」に分類される糖尿病の一歩手前がメタボリックシンドロームの診断基準となっています。


ヒューマンアカデミーの通信講座

肥満予防健康管理士講座  肥満予防健康管理士講座
価格: 48,000円(税込)
肥満、ダイエットでお悩みの方の良きアドバイザー
肥満予防や肥満解消、肥満と健康に関する正 しい知識を備えるための資格。


肥満予防健康管理士講座

リンク情報

当サイトでは、ただ今相互リンクの募集をしています。
お申込みいただける方はこちらから

 相互リンク募集中


メタボリック