本文へスキップ

メタボリックシンドローム原因と進行

メタボリックシンドローム原因と進行

肥満予防健康管理士講座HEADLINE

メタボリック予防

メタボリックシンドローム原因と進行


危険因子が重なるほど心臓病等の発症の危険性が高まります。

メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気の発症の危険性は、危険因子の数と大きくかかわっており、危険因子の数が多くなるほど危険度は高まります。

例えば心臓病の場合、危険因子がない人の危険度を1とすると、危険因子を1つもっている場合は5.1倍、2つもっている場合は5.8倍、3〜4個もっている場合では危険度は急激に上昇し、なんと35.8倍にもなります。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満をベースに高血糖、高血圧、脂質異常が複数重なることによって、動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気の危険性が急激に高まるので、大変危険です。

日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中ですが、そのうち心臓病と脳卒中は、動脈硬化が要因となる病気です。メタボリックシンドロームになると、糖尿病、高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、これらが内臓脂肪型肥満をベースに複数重なることによって、動脈硬化を進行させ、ひいては心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気を急速に招きます。


ヒューマンアカデミーの通信講座

肥満予防健康管理士講座  肥満予防健康管理士講座
価格: 48,000円(税込)
肥満、ダイエットでお悩みの方の良きアドバイザー
肥満予防や肥満解消、肥満と健康に関する正 しい知識を備えるための資格。


肥満予防健康管理士講座

リンク情報

当サイトでは、ただ今相互リンクの募集をしています。
お申込みいただける方はこちらから

 相互リンク募集中


メタボリック