本文へスキップ

内臓脂肪型肥満

内臓脂肪型肥満

肥満予防健康管理士講座HEADLINE

メタボリック予防

内臓脂肪型肥満


内臓脂肪の細胞からは、さまざまな生理活性物質(アディポサイトカイン)が分泌されます。この生理活性物質には良い働きをするものと不都合な働きをするものがあります。

内臓脂肪が増え過ぎなければ、良い働きをする生理活性物質が活発に働き、内臓脂肪が増え過ぎると、不都合な働きをする生理活性物質が増え、良い働きをする生理活性物質の分泌は減ったり働きが鈍くなったりします。

つまり、内臓脂肪がたまることによって、脂肪細胞から糖尿病や高血圧症、高脂血症を引き起こす悪い生理活性物質が多く分泌され、血管の炎症や血栓をつくりやすい状態を起こします。

反対に血糖値をコントロールしやすくしたり、動脈硬化を抑えたりする良い生理活性物質の分泌は減り、動脈硬化が進みやすくなります。


ヒューマンアカデミーの通信講座

肥満予防健康管理士講座  肥満予防健康管理士講座
価格: 48,000円(税込)
肥満、ダイエットでお悩みの方の良きアドバイザー
肥満予防や肥満解消、肥満と健康に関する正 しい知識を備えるための資格。


肥満予防健康管理士講座

リンク情報

当サイトでは、ただ今相互リンクの募集をしています。
お申込みいただける方はこちらから

 相互リンク募集中


メタボリック